FXで資産を10倍にする運用術

誰でも稼ぐチャンスがあるのがFX

皆さんは、この不景気の中、何か資産形成を考えてますか?多くはローンを組んでの住宅購入でしょうか? 私、将来の為に資産をどう増やすか考えています。

そんな時にFXを知りました。銀行の外貨預金とは違います。例えば、10万円の資金があります。FXでは、レバレッジという仕組みがあり1~25倍まで設定する事ができます。

先程、 10万円の資金があると言いました、そこに、10倍のレバレッジを適用すると、実際は10万円でも、100万円で取引することになります。

株式を始めるのも資金が要りますが、FXでは、少ない金額で取引ができるのが魅力ですね。
また、スワップポイントとと言って通貨の金利の差額を、その通貨ペアを持っている日数分受け取ることができます。 日本は低金利ですので、組み合わせ次第で差額は変わりますね。

大抵の業者はスワップポイントを固定している場合があり、評判が良いのはGMOクリック証券、みんなのFXなどが有名です。スワップポイントだけで狙ってもうけている投資家もいるくらいです。

ただし、情勢の変化などで金利の変動がありますので、必ず儲かる訳ではないことを頭に入れておいて下さいね。 初心者には、最初からレバレッジを高く設定せずに、2、3倍位から始めると良いと思います。レバレッジを多く設定すると、損するときもリスクが高いのです。

多少、儲けが低くてもローリスクローリターンで始めるのが良いと思います。

資金運用で大切なのは口座管理

FXの仕組みが分かれば、いよいよ自分の資金を運用してみましょう。

現在のFX会社は全て証拠金のレバレッジは、25倍に統一されていますので、計算がしやすいですよ。 まず、外国為替証拠金取引に参加する前に、注意事項があります。 外国為替証拠金取引にはロスカットというシステムがあります。

ロスカットとは、運用者が、必要以上に損をしない為自動的にポジション(運用中の資金)を決済するシステムです。

FXの会社によっては違うようですが、 大体預け入れ金額の25%を切るとロスカットされるようです。 運用資金は出来るだけ入れましょう 。

大体の仕組みが、分かったらいよいよ実践編の説明です。 今回は、あるFX会社に登録し預け入れ金を10万入れたとします、 この場合、ドル円が1ドル80円の場合の説明をしましょう。

ドル円で買いポジション、売りポジションどちらでも入れますが、今回は買いポジションから入る事にします。 何故なら、買いポジション、売りポジションにはスワップポイントというのが付きます。

スワップポイントとは金利の事です。 FXの場合ほぼ1日単位で付くのですが、注意が必要です。 スワップポイントは日本とアメリカの金利差で付くのですが、FXの場合、どちらか一方必ず金利が利息となって元金から引かれるので、良く確認してから参加しましょう。

さて、実践編の説明の続きですが、為替レートが1ドル80円の場合レバレッジが25倍で1万ドル分を運用したとすると、 必要証拠金は80万円を25で割って1ポジション持つのに3万2千円必要です。

この場合ロスカットの値は、預け入れ金額の25%とするとおよそ預け入れ残高2万5千円より割り込みとロスカットされる計算になります。

FXは元金を下回る可能性もある金融商品です。FXに使う資金は余裕資金で。